2019年最後の農業経営研究会@名古屋

こんにちは!
企業の農業参入をサポートするJAMPSで、主に栽培と商品開発を担当しながら、
私生活では1歳児の子育てに奮闘中の矢野です。

 

本日は名古屋での研究会のため、久々に関東圏を出ました!
え、研究会って何…?と思われた方がいらっしゃるかもしれません。
JAMPSでは、お客様の生産技術の向上と、販売マーケティングなど、共に学び合う場として、研究会を2ヶ月に一度、年6回開催しております。
もちろん、栽培を開始する前に、
年間の植物の仕立てや肥培管理など、包括的な計画を出しているのですが、
なかなか…上手くいかないこともあります。
そのため、栽培のセクションでは、
・設計からのズレ
・上手くいっていないこと
・年間設計の見直し点
・これからの時期に気を付けたいこと
などを共有・注意喚起し、
上手くいっていないことに関しては出来る限り、
その要因や原理原則を詳しく解説していきます。
皆さん、真剣 😈 
 
JAMPSでは、同じ設備のハウス・同じ苗・同じ培地・同じ方針の肥培管理など、
全て同じ考え方で複数の農園で栽培をしているので、
1農園で溜まる何倍もの速度で知見が溜まっていっています。
ふと見返すと、去年のこの時期の内容より、
今年の方が、より確実にレベルアップしている!!
特に今回は、一見安定している時期だけど、
油断して見逃すと2月3月の収穫や品質を落としてしまう!といった内容だったので、
かなり身が引き締まる内容だったのではないかな、と思います。
当たり前のことを当たり前にやる、これに尽きますね。
 
実は、研究会開催に関しては、当初、早すぎるかもしれないと思っていましたが、
お客様達の理解もあって、毎年改善をしながら進めていく、
ということで開催に至ったという経緯があり、
皆さんの真剣なお顔を拝見していると、
多少無理してでも踏み切った甲斐があったなぁと、
帰路につきながらシミジミしてしまいました。
私も、より一層、お客様の農園状況をよく見て、
適切なタイミングでフォロー出来るように、
気を引き締めていきたいと思います!
 
 
JAMPSの栽培に関して、もっと詳しく知りたい!現場を見たい!!という方は、
是非セミナーへにご参加ください。
また、「セミナー参加には勇気がいる…」というかたは無料で説明会も行っておりますので、
少しでも興味を持たれたら、是非お気軽にお申込みください!
スタッフ一同、お待ちしております!